車を売るなら3月中旬までに!思わぬ負担がかかるかも?

中古車

こんにちは、元日産ディーラー営業マンのげんげんです。

今回は「車の売却」についての話題です。
この時期になると「車買取のCM」をよく見たり聞いたりする機会が多くなると思います。

新車販売の業界はもちろんですが、中古車買取の業界も決算の時期。
今年度の売り上げを確定させるために買い取りも必死に行われる時期でもあります。

それ以外の理由もありますが、それも含めて「車を売るなら3月中旬まで」ということの理由を解説していきますね!

車を3月中旬までに売るべき理由

それでは、なぜ車売るなら3月中旬までに売るべきなのか、ということの根拠を解説します。

毎年5月になると自動車税の納付というイベントがあるというのは皆さんご存知かと思います。

実は、この自動車税には”その年の4月1日現在の所有者に課税される”というルールがあるのです。

もっと簡単に言うと、4月1日の時点で車検証に記載されている名義人に自動車税の納税通知が届きます。

この負担を避けるために課税対象となる前に車を手放す必要があります。

「だったら3月31日までに車を引き渡せばいいんじゃね?」
そう思うかもしれませんが、それだと間に合わないのです。

車の名義変更には、車庫証明の申請という少なくとも申請から2~3日かかる書類が必要になります。
車庫証明をはじめとした必要な書類を持って陸運局に行かないといけないため、名義変更には少なくとも1週間の時間を費やしてしまうと考えなければなりません。

しかも大手の中古車買取店になると名義変更専門の部隊がこの作業を引き受ける形になるので、時間がかかります。

僕自身も何度か車を中古車買取店に売ったことがありますが、どんなに急がせても名義変更が完了するまでに2週間はかかってしまいました。

さらに3月は決算の時期と重なり、車を売る人が増える傾向にあるので時間の余裕を持つためにも3月中旬までには車を売却(引き渡し)する必要があるのです。

もし3月中旬までに売却(名義変更)が間に合わなかったらどうなる?

とはいっても時間の関係で3月中旬までに売却できなかった場合はどうなるのか、その疑問にお答えします。

・・・といっても、これは人によってケースバイケースになりますので答えは1つではありません。
ここでは、ケースごとにどのような対応が取られるのかを解説していきます。

ケース① 下取車の場合

ディーラーで新車や中古車を買って今まで乗っていた車を下取車として売却をする場合、納車が4月にずれ込むと「お客様に1ヶ月分の自動車税を負担」してもらっていました。

ですがこれは車の販売が絡むこともありますが、そもそも4月の一部の期間は車を保有していることになるので税金を負担するのは当然ですよね。

ケース② 名義変更に間に合う期間に売却する場合

この時期はに売ることが最も理想的です。
3月に限って言うのであれば、15日前後までが推奨です。

15日くらいまでに契約&車の引き渡しが済んでしまえば3月中の名義変更もできるはずですので、自動車税の納付書が届く心配もないかと思われます。

ですが、もし万が一名義変更されないと困ってしまうので「3月中に名義変更を確約してもらう」とより安心ですね。

ケース③ 3月末ギリギリに売却(契約)する場合

このケースが一番厄介な部分です。
なぜなら、契約と車両の引き渡しが月末になってしまうと名義変更が間に合わないからです。

軽自動車であれば即日の名義変更も理論上は簡単ですが、先ほど説明した「大手買取店のような名義変更専用部隊」がいるケースだとうまくいかないケースがあります。

このケースに関しては買取店の方針によってまちまちですが、想定されるケースとしては

  • 4月分の自動車税を自己負担
  • 名義変更できなくても買取店負担

が挙げられます。

ここに関しては交渉次第な部分がありますが、車両の引き渡しがいつになるのかということがキーポイントになります。

3月中に引き渡すことができれば名義変更が済んでいなくても買取店に所有権は移っています。
逆に引き渡せない場合は所有権が移っていないとされますので4月分は自己負担、となります。

この内容に関しては、契約書にしっかりと明記をするなどして、トラブルにならないようにしましょう。

一番高く車を売るならこれをすべし!

車を売ると決めたけど、どこに売ったらいいかわからない・・・

そんな時に僕がおススメするのは一括査定を使って車を売ることです。

スマホで車の種類(車種)や年式、走行距離や色といった簡単な項目と連絡先を入力するだけで申込みが終わります。
一括査定のいいところは「手間をかけずに高値で車を売ることができる」という点です。

僕自身、一括査定を使って車を売った際にディーラー査定よりも40万円も高く売ることができました。

その詳細はこの記事に書いてありますので、よかったら見ていってくださいね!

一括査定で愛車のセレナを40万円以上高値で売却できた体験談を話します!
車を買い替える際はディーラーでの下取りをする人がほとんどだと思います。ですが希望の金額に程遠かったり納得いかないこともしばしば。筆者自身も同じだったので「一括査定」で愛車を売却した体験談を今記事で赤裸々にお伝えします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

車を売るなら年度が変わる前、特に3月中旬までに完結させることで余計な自動車税を負担せずに済みます。

車を売るなら複数の買取業者で見積もりを取って一番高いところに売るということがいちばん最良な策ですから、ぜひ実践してみてくださいね!

 

【最大10社から】あなたの愛車の最高額はいくら?

コメント