格安SIMへシェア回線を同時にMNPする際の注意点!失敗談を書きます。。。

体験談

こんにちは!元ディーラー営業マンのげんげんです!

今回は、格安SIM(OCNモバイルONE)にシェアを組んで複数回線(音声回線3回線)をMNPした時の注意点をご紹介します。

これは実際に私がやらかしたことなので恥ずかしいですが、恥をしのんで書きます。

実は、MNP予約番号を書き間違えた回線があり、その回線だけシェアを組めませんでした。

このようなパターンの方も少ないと思いますが、参考になると思いますのでぜひ読んでいってください。。。




 

OCNモバイルONEの店頭におけるシェア回線申し込みは一度に行われる

通常、ドコモをはじめとした大手キャリアは申込を1回線ずつ行うんですね。

ですが、OCNモバイルONEはシェアを新規で組む場合は一回の申込で全ての回線を一括して申込処理を行うんです。

これが大きなミソなんです。

一括申し込みをしている中で、どれか1回線でも何かしらのエラーが出てしまうと一括申し込みでのシェアが組めなくなるんです。
 

凡ミスで1回線だけシェアが組めなかった!

そして、今回シェアが組めなかった回線の最大の原因は「私のMNP予約番号の記入ミス」でした。

ちゃんとドコモショップでMNP予約番号のメモを貰ったのにも関わらず間違えた数値を申込書に書き間違えてしまったんです・・・。

具体的な予約番号は書きませんが、例えるなら「3554」を「3445」って感じの単純なミスです。

いやぁ・・・本当に恥ずかしいですよ。

このミスのおかげで、ヨドバシカメラのスタッフさんが何人かでトライしていたみたいなんです。

しかも、音声回線以外の「050+」だけなぜか契約が完了してしまっていて、それのキャンセルもかなりてこずっていました。。。

スタッフさん、申し訳ありませんでした。。。

(ちなみに、契約の翌月であれば公式ページからシェア回線の追加はできます。)
 

教訓:OCNモバイルONEに複数回線MNPするときはMNP予約番号は間違えずに記入する

このようなミスをこのブログを読んだ皆さんにして欲しくないので(まぁしないとは思いますが・・・)

MNP予約番号は最低3回はチェックした方が絶対に良いです。

これは格安SIMへMNPするにしても大手キャリアへMNPするにしても重要なことです。

私はこのミスのせいで月々500円の損失になりました。。。
 

シェアを一括契約するときの注意点

実は、これ以外にもOCNモバイルONEにMNPするときに注意点があります。

それは「シェアを組む際の回線名義人は全て同一名義」でなければならないという点。

大手キャリアだと主回線の名義人さえ同意すればシェアを組めますが、OCNモバイルONEをはじめとする格安SIMは同一名義でなければシェアを組めないんです。

そんなことを知らない私は委任状を妻と母から預かってドコモショップに行くという行動がプラスされてしまったため、契約完了するまでに、委任状集めに時間がかかってしまったため土日が潰れてしまいました。。。

 

複数回線シェアでMNPする際の注意点まとめ

以上が複数回線を同時にOCNモバイルONEにMNPする際の注意点です。

最後にまとめると、MNPする際は

  • シェアを組む回線の名義は同一名義
  • 手続きが同時なのでMNP予約番号を間違えたらシェアが組めない

この2点に注意してください。

特に、MNP予約番号を間違えると月々の支払いが多くなってしまう上に、手続きが面倒になります。

私が犯した、このようなケアレスミスをしないように快適な格安SIMライフを送ってくださいね。



コメント