車両保険のおすすめプランはこれ!元ディーラー営業マンが教えます!

車にまつわるお話

こんにちは!元日産ディーラー営業マンのげんげんです!

今回は自動車保険でもどういった内容に入ればいいのかわからない車両保険について、プロ目線で解説します!

万が一の時に自分の車を直すために必要な補償ですので、しっかりと確認していきましょね!!

車両保険は大きく分けると2種類

この記事では、車両保険にフォーカスを絞って掘り下げて説明していきます。
万が一の事故の際に自身の車を直してくれる車両保険ですが、これにも種類があるということはご存知ですか?

車両保険は、特約を除くと大きく2つの種類に分けられます。
ここでは、2つの車両保険の種類についてご紹介しますね。

車両保険の種類① スタンダードなプラン

1つ目は、ごく一般的なプランです。
保険会社によっては「一般条件」や「スタンダード」などと呼ばれているものです。

このプランを簡単に言うと「すべての事故で受けた車の損害を直してくれるプラン」です。
例えば「ガードレールや電柱に車を擦ってしまった」「当て逃げに遭ってしまって相手がわからない」といった事故などを保障してくれます。

自損事故や駐車場に止めている間に車を当て逃げされて相手に逃げられてしまった場合にも保険を使った修理ができることがポイントです。

このプランのデメリットとしては「保険料が高額になる」という点がありますね。

車両保険の種類② 限定的なプラン

次は補償が限定的なプランです。
保険会社によって名称が変わってきますが、「車対車+A」や「エコノミープラン」などという名称で販売されています。

こちらのプランは「車(原付を含む)との接触事故にのみ保険金が支払われる」タイプの保険になります。

ですので、自身で車を傷つけてしまった事故(自損事故)や相手がわからない事故(当て逃げなど)で自分の車に被った損害に対しては補償をしてくれません。
その代わり保険料が安くなっているというメリットもあります。

車両保険に共通して保障される内容

ここまでで車両保険の2つのプランをご紹介しました。

この2つのプランには相手(車)がいる事故以外に共通して保障される内容があります。

それは

・台風、洪水、高潮による被害
・車の火災
・落書きなどのイタズラ被害
・盗難

等です。

いわゆる自然災害(地震や地震を起因とする津波などは対象外)やイタズラ、盗難被害に関しては車両保険から補償をされます。

イタズラに関しては適用されるされないに判定が必要にはなりますが、最近はこのような被害が多発することがあるので、車両保険で賄えるのはいいことですね。

タイプ別!車両保険加入のススメ!

車両保険の種類がわかったところで、どのような車両保険に入ればいいのかという点について解説していきます。

対人対物といった「相手方への補償」の任意保険に加入している上での解説です。
車両保険は相手方への補償+αのオプションと考えます。

タイプ1 保険料が高くても補償はしっかり充実させたい

最初のパターンは保険料を度外視して保障を充実させたい方へ向けた補償内容です。

おすすめプラン「一般条件(免責なし)+代車費用特約+車内携行品特約」

このプランであれば、どのような事故に対しても車の修理が可能になります。
さらに特約によって車の修理中の代車(レンタカー)の費用が保険から支払われます。
そして車に積んでいる携行品(荷物)が事故や車上荒らしによって損害を受けた場合にも保障されるという、まさに「補償のオールスター」ともいえる内容となっています。

タイプ2 保険料と補償のバランスを取りたい

次はバランス重視のプランを紹介します。

おすすめプラン「一般条件(免責0-10)+代車費用特約」

特約の付帯は代車のみにとどめて費用を抑えつつ、車両保険に免責金という条件を付帯したものです。
免責金とは、車を修理する際の自己負担金と考えてください。
0-10というのは「1回目の事故は自己負担なし、2回目の事故は自己負担10万円」ということです。
このプランにするだけで保険料はかなり抑えられます。年に2回も車の修理を伴う事故なんかそうそう起きませんので、これはおすすめです。
(筆者もこのプランです)

タイプ3 徹底的に保険料を抑えたい

最後に保険料を徹底的に抑えつつも車の修理はしたいという方におすすめのプランです。

おすすめプラン「車対車+A(免責0-10)」

車の修理は「相手の車がいる事故にだけ」絞ることで保険料を抑えるプランです。
当て逃げなどに遭った場合は慈悲での修理になりますが、このプランが車両保険付きで費用を安くできます。
もっと保険料は抑えることができますが、このプランが最良だと考えます。

結局のところ、どこの保険会社で入るのが良いの?

車両保険の内容が決まったところで、その次に悩むのが「どこの保険会社で加入するか」ということ。

「ぶっちゃけどこの保険会社でも同じじゃないの?」
って思ってしまいがちですが、実は同じ内容の保険でも保険料が変わってくるのです。

最近は気軽に加入できるネット系自動車保険が保険料も安いので人気がありますが、複数社あるからいちいち見積をとるのが面倒。

そんな時は無料の自動車保険一括見積もりサービスを使って見積を請求するのがオススメ!

このサービスを使えば、見積請求時に必要な情報(車種や年式、住所氏名など)の入力が1回だけでOK

見積請求をしたらメールで連絡が来るので、一番安い保険会社で契約するだけ!
時間短縮にもなって保険料を抑えられる優れものです!

もちろん、今加入している保険と比較をして満期時の保険会社乗り換えの検討もできます。

まずは一番安い自動車保険がわかる保険一括見積をチェック!

まとめ

自動車保険の中でも一番費用のウェイトが大きい車両保険。
プロ視点で保険料の抑え方をご紹介しました。

補償内容の工夫次第で経費を抑えることができますから、ぜひ見直してみましょう!

コメント