今さら聞けない!誰にでもわかる自動車保険(任意保険)の基礎知識 | 加入しないと怖い・・・!

車にまつわるお話

こんにちは!元日産ディーラー営業マンのげんげんです!

車に乗っていると気を付けても起きてしまう可能性のある事故。
事故に遭った際に高額な修理費や治療費を負担するのは大変ですよね?

車を保有している人の7割以上が加入している任意保険。
ぶっちゃけどのような内容なのか、自賠責とはどう違うのか、といったところがわからない人も多いはず。

僕自身、ディーラー時代は新車の販売だけでなく、保険の案内もしていました。

「任意保険なんて入らなくて問題ない!」ってお客さんがいましたが、任意保険に加入しないことによるリスクがかなりあるんですよ。

そこで今回は、今さら聞けないような任意保険の概要について説明するとともに、任意保険に加入しないリスクもご説明します!

自動車保険(任意保険)って何?自賠責との違いは?

そもそも任意保険ってなに?
と思う方もいるかと思いますので、その説明をします。

任意保険はその名の通り「任意で加入する保険」です。

これとは別に「自賠責」と呼ばれる強制加入の保険があります。

自賠責は「被害者を保護するため」に作られた制度で、主に事故の「相手方」を保障するための保険です。
これは法律で定められている保険なので、自賠責保険に無加入(期限切れを含む)車は公道を走ることができません。
車検時に自賠責保険の更新をするのは、こういった理由があるのです。

自賠責保険は「死亡3,000万円、傷害(ケガ)120万円」という、あくまでも最低限度の補償しかされません。

・・・というより、この全く足りません。

ですので、この自賠責保険の補償に上乗せをする形でできたのが任意保険なのです。

自動車保険(任意保険)の内容ってどんなのがあるの?

次に、任意保険の補償内容について触れていきます。

任意保険には基本的な要素として4つの補償があります。

その補償とは

  • 対人賠償(相手方のケガや死亡に対する補償)
  • 対物賠償(相手方の車や建物などに対する補償)
  • 人身傷害(自分自身や車に乗っている人が死傷した際の補償)
  • 搭乗者傷害(自分自身や車に乗っている人が死傷した際に、ケガの部位や症状に応じて支払われる補償)

です。

それに特約(オプション)として

  • 車両保険(自身の車の損害に対する補償)

などを付加することができます。

ところで「対人対物無制限」といった言葉を聞いたことはありませんか?

この言葉というのがまさに任意保険の内容で、自賠責保険では賄えない部分の「相手方への補償」になります。

特に「対物」に関しては自賠責ではない項目です。
対物保険に入っていないと、相手方の車や財産(家やガードレールなど)を壊してしまった際に補償がされないので、加入はマストといってもいいでしょう。

自分自身の補償、特に自分の車に対する補償に関しては「すべて自己責任で解決する」という方以外は加入しておくことをおススメします。

任意保険って加入しないと大変!そのリスクとは

よく「自賠責入ってるんだから任意保険なんていらないよね?」という人や「お金がないから任意保険は入らない」なんて人もいます。

このような人たちに声を大にして言います。

任意保険は絶対に入ってください。

もし将来がある中学生をはねて死なせてしまった場合、いくら保障する必要があるか知っていますか?
過去の裁判の判例では「3億円の賠償命令」が下りたことがあります。

月々たった数万円程度(最低限のプランに入ったら数千円)の保険料を払うだけでその賠償金の負担がなくなる(←言い方は悪いですが・・・)のであれば任意保険に入った方が絶対にいいです。

たとえ乗っている車が新車でも中古車でも、高級車でもポンコツでも関係ありません。

任意保険には必ず入ってください。

自分だけでなく、自身の家族や相手方がもっと悲しくなりますよ。

どの保険に加入したらいいか迷ったらどうする?

任意保険の必要性がわかったところで、どの保険に入ったらいいかわからなかったら、まずこのサイトの”無料の自動車保険一括見積もりサービス”を使って数社の見積を取り寄せて比較してみましょう!

同じ内容でも保険料が違うので、比較検討をすることをオススメします!!

コメント